この世は神の遊戯である

宇宙から見た地球 自分らしく生きること

画像:https://tenki.jp/suppl/usagida/2020/06/22/29862.htmlより

こんにちは、のりにぃです。

今回は、僕の生きる根本になっている

考え方について書こうと思います。

生きていると

何でこんな目に遭わないといけないの?

とか

死んだらどうなっちゃうんだろう?

なんて、考えたりすることって、ないですか?

宇宙ができる前

僕たちは物心ついたころから
この世界に生きています。

それは、両親がいたからですね。
では、なぜ両親がいたのでしょうか?

それは、おじいさんおばあさんがいたからですね。
では、なぜおじいさんおばあさんがいたのでしょうか?

それはひいおじいさんと、ひいおばあさんがいたからですね。
では、なぜ…

と、繰り返して行くと
最後にはどこにたどり着くのでしょうか。

僕たちの「常識」では
ビッグバンまで遡るのかもしれませんね。

では、もっと遡ってみましょう。

宇宙ができる前は何があったのでしょうか?

ここまで遡ると
誰も答えを知ることは出来ませんよね。

学校の教科書に載っているものは
あくまでも「人間」が導き出した答えであって

まだまだ僕たち人間には
分からないことがたくさんあります。

なので、それも間違っている可能性は
大いにあるということになります。

ビッグバンが起こる前…
宇宙ができる前…

世界は一体どうなっていたのでしょうか?
僕たちはどこから来たのでしょうか?

それを解明する一つの手がかりが
「魂」の存在です。

生まれ変わりという概念

輪廻転生という言葉を
聞いたことがありますか?

スピリチュアルなことに興味のある方ならもちろん
マンガでも小説でも描かれる概念ですよね。

前世の記憶とか、来世で会おう、など。

この「魂」というものは
僕たちの肉眼で見ることが出来ないので
信じられないという方もいるでしょう。

しかし、ここでは「ある」ものとして考えてみましょう。

以下は、僕が本で読んだことだったり
仮説として考えていることです。

魂の生まれ変わりの旅

僕たちは今ここに生きていますが
肉体を持っていますよね。

肉体はいつか必ず滅びます。
しかし、魂が滅びることはありません。

不慮の事故であっても老衰であっても
肉体が滅びれば、魂はもともといた場所に帰って行きます。

魂がもともといた場所とはどこなのでしょうか。

ここでは 天界 とでも呼んでおきますね。

あなたは天寿を全うし、お亡くなりになりました。
家族に看取られて、肉体は滅びました。

しかし、あなたの魂は
人間界から遠く離れた天界へと帰って行きます。

天界では人間に生まれたい魂たちが
順番待ちをしています。

肉体を失って天界に戻った魂は
他の魂たちから声をかけられます。

「おい、どうだった!?人間の生活は!?」

あなたは答えます。

「大変だったよ~!でも、いろんな経験が出来たよ!」

魂たちは、人間に生まれたくて仕方がないのです。

天界では肉体を持つことが出来ないので
抱きしめ合うことはもちろん、手をつなぐことすらもできません。

人を傷つけることもできませんし
もっと言えば殺すことだって…できません。

魂は不滅なので
天界では「死ぬ」という概念がないのです。

死だけにとどまらず

痛いという感覚や
怖いという感情や
裏切られるという苦しみなど…

何も感じることができません。

要するに

ちょーーーーヒマ

なんです。

なので、魂たちは早く人間に生まれて
感じたことのない体験をしてみたくて仕方がないのです。

魂たちは順番待ちをして
「次はどんな経験をしようかな?」と
懸命に考えています。

お金持ちに生まれて
思い切りお金を使ってみたい!

貧乏に生まれて
お金の大切さを体験したい!

目が見えない身体で生まれて
目が見えるありがたさを体験したい!

足が不自由な体で生まれて
歩けるという素晴らしさを感じたい!

などなど。

一見「何でそんな不幸を敢えて選ぶの?」と思うものもありますが
魂たちは自分たちが「不滅の存在」ということを知っているのです。

愛することも、裏切ることも
与えることも、奪うことも

魂たちにとっては、みんなみんな
かけがえのない経験なのです。

死んだら天界に戻って来れるなら
肉体を持っている間はこうやって生きてみたい!

そうやって、一番自分の体験したいことを体験できるように
「設定」をします。

そのためには

あの両親の長男として生まれて、名前はこういう名前。
こういうニックネームで呼ばれて
5歳の時に親友が出来て友達の大切さを知って
10歳の時に大怪我をして健康の大切さを知って
18歳の時に入試に失敗して挫折を知って…

などなど、自分が体験したいコースを全部盛り込んで
シナリオを作ります。

その時に
「あなたさ、僕が5歳になった時に友達として登場してくれない?」
と、他の魂に声を掛けます。

その時「いいよ!」と、あなたの人生に
登場することを許可してくれた魂。

この魂をスピリチュアル界では「ソウルメイト」と呼びます。

ソウルメイトはあなたの人生の大事な場面で
必ず登場し、大事な役割を持っています。

初対面でいきなり親しくなったり
行き詰っている時にヒントをくれたり…

そうやってみんなみんな
自分が体験したいことを人生に盛り込んで生まれてきます。

それを全部覚えていてはつまらないので
ほとんどすべての人は3歳ごろに
魂の頃の記憶を忘れてしまいます。

何でかわからないけど
自分はこういう名前でここに存在している。

なんか人間として生まれて来たらしく
生きて行かないといけないらしい。

そんなふうに
皆さん、ここまで生きて来たのだと思います。

そうして、今の自分は忘れているけども
魂のころの自分が設定してきた人生を歩んで行きます。

経験したことがないのに、なぜか苦労せずにできてしまうことや
なぜかわからないのにとても好きとか嫌いとかというものは
前世の記憶がわずかに残っているからだと言われています。

人生のシナリオ

魂の自分は

こういう設定にすれば
こういう経験ができるはずだ!

と予想をして人生のキャスティングをしたのですが

一度生まれてしまうと
何をするために生まれて来たのかを
みんな忘れてしまうので

それを達成することが出来るとは限りません。

人生の中で何度もチャンスはあるのですが
気付いていない自分が気付かないままだと
何も経験したいことが経験できないまま
死んでしまうということもあり得ます。

不幸なことに、自ら命を絶ってしまう魂もいます。

人間として生まれることは非常に恵まれたことなので

自殺をしてしまった魂を天界的には
貴重な機会を棒に振った魂
ということで、別世界に飛ばしてしまうそうです。

それが俗に言う「地獄」ですね。
肉体の死よりも何倍も苦しい目に遭わないといけないんだとか。

だから、可能な限り
自ら命を絶つことはしないほうが良いそうですね。

事故で亡くなる方もいますね。
不慮の事故なら、それは寿命と同じなので
地獄に飛ばされることはありません。
あくまでも「自殺」の場合です。

そして、魂はまたたくさんの経験をして
天界に戻ります。

そして、また順番待ちをして
今まで経験したことのないことを経験するために
前回とは違う人生を歩みます。

そうやって、魂は何度も何度も生まれ変わり
「肉体」がないと出来ない経験をたくさんし続けて行きます。

それをずーーっと繰り返すのです。

そうすると、1つの疑問が生まれます。

魂たちはなんでこんなことしてるの?

これも仮説ですが、僕なりの答えはあります。

答え

魂たちはヒマだから

です(笑)

だって、肉体が無い世界って
退屈じゃないですか?

死なないし、お腹空かないし
好きな人と抱き合うことだってできない。

どこにだってすぐ行けるし、働く必要もない。
眠くもならないし、そもそも疲れるということがない。

ヒマすぎるんですよ。

なので、魂たちは刺激が欲しいんです。

思い切り不自由を体験して
魂の状態のままじゃできないことをしたいんです。

なので、みんな人間に生まれたくてうずうずしています。
要するにヒマつぶしです。

よく電車でスマホゲームしてる人っていますよね。
あれみたいなもんです。

しかもそのゲームって簡単にクリアできてしまったら
つまらないですよね。ある程度の障害がないと。

人間界に肉体を持って生まれるということは
魂にとってちょうどいい難易度なんですね。

そうやって、魂はず~っとヒマつぶしをしています。
僕たち一人ひとりも、そんな魂の旅の途中なのです。

あれ、そうすると、また1つの疑問が。

これって、いつまで続けるの?
全ての魂が全ての経験をし尽くしてしまったら
みんな飽きて止めちゃうんじゃないの?

これは何千万年とか何億年とか
そういう単位の話になるので
急にスケールが大きくなるんですが…

これね。みんなみんな
全ての経験をし尽くしてしまったら。

また、みんな全て忘れてやり直すんだと思うんです。
ちょっとルールは変えるかもしれませんけど。

しかも、そのやり直す場所には段階があって
今いる場所で輪廻をやり尽くしたら、また次のステップへ。

次のステップで輪廻をやり尽くしたら、また次のステップへ。

しかし、次のステップに行くためには
今いる場所での課題をクリアしないといけません。

ということは、今のステップをクリアしたとしても
ずっとずっと同じことが繰り返されるわけです。

そのステップのことをスピリチュアルでは
「次元」と表現していると思っています。

この次元で学ぶべきこと

今、僕たちは
光と闇が存在している3次元に生きています。

この世界で学ぶべきことは
一言で言えば「愛」です。

愛とは
それがそこにある状態でそのまま受け入れる心
のことだと思っています。

汚いものは見たくないなんて人は多いですが
それでは愛を学んだとは言えません。

光だけを見ようとする人や
自ら闇に生きている人など、いろんな人がいます。

しかし人は、光も闇も同時に併せ持つ存在です。
それを認められずに光だけを見ようとしている
偽スピリチュアルな人たち

またはネガティブなことしか考えられずに
人から奪うことばかり考えていたりする自分勝手な人は

それを自分の力で学び取れない限りは
同じことの繰り返しをするしかないのです。

今、そのことに気付ける大チャンスが到来しています。

1つの波が2012年ごろにあって
今、2020年では、もう交わることは出来ないぐらい
人の魂はグループに分かれてしまいました。

その大きなきっかけがコロナです。

これから2025年ごろに向けて
世界が大きく動いて行きます。

でも、それも魂の輪廻からすれば
ほんの瞬間の出来事でしかありません。

ずっと、ずっと繰り返す魂の輪廻。
そして魂は何度も何度も進化を続けて行く。

僕たちはそんなほんの一瞬を生きている
1つの魂に過ぎないのです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

もし読んで良かったなと思われた方は
ご自身のSNSなどでシェアしていただけると、とても嬉しいです。

良かったら下のアイコンから
良く使ってるSNSでフォローしてね!
(最近はTwitterばっかりやってます)

個人的にご意見・ご感想がある方は お問い合わせ からどうぞ!

また

・読んでよかった!
・また更新楽しみにしてるよ!
・いつも応援してます!

と言う方は、投げ銭もぜひお待ちしています!

https://www.paypal.com/paypalme/noriny/500
(500円になっていますが、リンクの最後の数字を変更すれば金額は自由に変えられます)

英語の個人指導始めました!

のりにぃ英語道場

コメント

タイトルとURLをコピーしました