これからの時代のお金の稼ぎ方

伝えたいこと

2つのビジネスモデルについて

今までの時代の商売の基本は

1.相手の役に立つものを提示して支持を集め
それを相手に提供することで対価をいただく

というものだと思う。

もちろん今でもそれが王道だと思うし
その方法でガンガン稼いでいる人はいるだろう。

でも、それと真逆で

2.自分が発信したいものを発信し続け
興味を持ってもらった人に自分のリソースを提示して対価をいただく

という方法を取っている人もいる。

1は一般的なビジネスモデル
2はキャラクタービジネスと言える。

どちらが良い悪いとかではなく
どちらもメリットとデメリットがある。

1の特徴

1は自分を前面に出す必要が無く
時代の流れを捕まえるのが上手ければ
いち早く収益を上げることが可能。

「結果を早く出せる」というのが最大のメリット。

ただ、常に相手の顔色を窺い続けなければいけないし
競合他社も常に気にして動かないといけない。

強力なライバルが現れたら
お客さんはそちらに行ってしまうだろう。

なぜならそれは
「メリット」でつながっている間柄だから。

2の特徴

こちらは「常に自分らしくいられること」が最大のメリット。

ギターでもいい
英語でもいい
人生観でもいい

「じぶん」というものを前面に出すことによって
「あなたがいい」という人が集まって来てくれる。

誰一人同じ人はこの世にいないので
こちらは「心」で繋がっている間柄になる。

しかし、最初は
「あなたは誰ですか?」というところからのスタートになる。

1の場合は自分の商品の競合だけを考えればいいけど
自分のキャラクターを知ってもらうためには、全世界の人の中で
自分を選んでもらう必要がある。

SNSで売り出していくとしたら、全世界がライバルになる。
だからこそ、1つずつ、1人ずつ心をつないでいく必要がある。

形にするのには時間はかかるけど
一度しっかり繋がったら離れない。

前者は土の時代のビジネス
後者は風の時代のビジネスと言えるかもしれない。

『自分らしく生きる』難しさと大切さ

僕は手帳學という自分を見つめ直すセミナーで
『自分らしく輝いて生きる』ことを学びました。

生きて行くにはお金が必要。

だからこそ世間で
誰かの役に立つことで対価をもらい、それで生活する。

それが自分がやりたいことなのか
向いていることなのかというのは
「それならばラッキー」くらいで

多くの人は、生活のために
仕事に向き合っているだろう。

だから休日に羽を伸ばし
また仕事に戻って行くのだろうなと思う。

ただ、もう資本主義の世界は終わりに向かおうとしている。
いや、正確に言えば今までの世界に生きる人と
違う世界を生きようとしている人が分かれてしまった。

あなたは

「1が当たり前だ!これからもずっと続くんだ」と思うか

「自分は2の世界観で生きたいな」と思うか…

それは「コロナに対しての向き合い方」でほぼ分かる。

僕は時間がかかったとしても
2の世界で生きたいと思うし、その世界で生きている人と
関わって行きたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました