のりにぃ音楽理論 その10 ペンタトニックスケールを覚えよう!

音楽

その9はこちら!

のりにぃ音楽理論 その9 セブンス、テンション、その他のコードを一気に学ぼう!

前回でコードはほぼ終わりましたが
まだ大切なスケールを解説していませんでしたね。

ロックのみならず、ジャズでも頻繁に使われるスケール!

ペンタトニックスケール

を覚えましょう!

クラシックでは

クラシックで僕は聞いたことがないですが
その理由も僕なりに書いてみますね。

ペンタトニックスケールってどんなスケール?

まずは言葉の意味から理解しよう!

「トニック」という単語は
今までコードでも何度も出てきていましたね。
音楽においては「主音」という意味でした。

では「ペンタ」という単語に意味があるはず!
uni「ユニ」は1でしたが、penta「ペンタ」は5という意味があります。

のりにぃ
のりにぃ

同時多発テロで爆破されたのはペンタゴン(五角形)

つまり、ペンタトニックとは「5つの主音」という意味になります。

普通のスケールとどう違うのか

今まで見てきたメジャースケールとマイナースケールは
出てくる音は7つでしたね。

ペンタが5を表すのなら
音が2つ少ないことになります。

どの音が減るのかというと
4度と7度の音です。

メジャースケールの音から完全4度と長7度の音を省くと
ド レ ミ ソ ラ になります。

音を聴いてみよう

まずはペンタトニックの響きを聴いてみましょう!
オクターブ上のドも弾いています。

4度と7度を「抜いた」音階ということで
「よな抜き」音階と呼ばれることもあります。

なぜ4度と7度を抜くのか?

これは僕なりの解釈なのですが
今までの解説でも出てきた「半音の動き」ってありますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました